ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂

目次

  1. 世界一高いキリスト教建造物だった
  2. ロマネスク建築からの転換、ゴシック建築の傑作
  3. 見どころ(外観、展望台、広場、内部)
  4. 大聖堂を訪れた歴史上の人物
  5. アクセス

1.世界一高いキリスト教建造物だった

Cathedrale de Strasbourg depuis Heiligenstein

ストラスブール大聖堂の正式名称はカテドラル・ノートルダム・ド・ストラスブール(La Cathédrale Notre-Dame de Strasbourg)で、ノートルダム、つまり聖母マリアに捧げる大聖堂を意味します。

ストラスブール大聖堂の建造が始まったのは1015年のことでした(日本は平安時代)。

尖塔が完成したのは1439年(日本は室町時代)。高さ142メートルのストラスブール大聖堂は、17世紀から19世紀まで200年以上もの間、キリスト教建造物の中で世界一の高さを誇っていました。

2.ロマネスク建築からの転換、ゴシック建築の傑作

Cathedrale de Strasbourg-rosace

建造が始まった1015年当時の建築様式の主流はロマネスク。ストラスブール大聖堂は、土台や地下聖堂など、最も古い部分にはロマネスク建築様式が見られます。

ロマネスク建築はゴシック建築より古い建築様式で、11世紀に主流になっていました。ロマネスク建築の特徴としては半円アーチ、厚い壁、小さめの窓などが挙げられ、ストラスブール大聖堂でも一部に半円アーチ構造が見られます。

12世紀(日本は平安時代~鎌倉時代)にフランスで始まったゴシック建築様式は各地に伝わり、建造途中だったストラスブール大聖堂にも13世紀にゴシック様式が取り入れられました。身廊(教会内部の中央に位置する長細い部分)はロマネスク様式で完成していたにもかかわらず、ゴシック様式で建て替えられたことが知られています。

ゴシック建築の傑作ストラスブール大聖堂。ゴシック建築の特徴はなんでしょうか?

  • 窓が多く明るい(ステンドグラスによる多色効果も)
  • 内部空間の高さ(外から見ても高いですが)
  • 軽やかさの演出(上が尖った縦長の尖塔アーチの窓や扉、リブ・ヴォールトと呼ばれる天井部分の構造など)

こうしたゴシック建築の定番の特徴に加え、ストラスブール大聖堂の外観には驚くべき繊細さと軽やかさが実現され、「石でできたレース」と呼ばれています。

3.見どころ

外観を見る

尖塔

上半分と下半分で構造が異なっており、厳密には上半分が尖塔です。下半分の方は、単に「塔」または「高い塔」と呼ばれ、八角形の塔が真ん中にあり、その周りに4本の螺旋階段が配置されています。螺旋階段は石造りの筒状の構造物で覆われているため、地上から肉眼で螺旋階段を識別するのは難しいでしょう。

Cathedrale de Strasbourg 2 flèches

壁面

教会建築で見られる彫刻は、聖書の内容を伝える立体絵本のようなものです。聖書を読んだことがなくても、キリスト像、聖母マリア像などわかりやすいものもあります。

Cathedrale de Strasbourg-Vierge à l'enfant

また、この大聖堂にしか見られない彫刻もありますよ。例えばコウノトリ。

Cathedrale de Strasbourg-cigogne

ガーゴイル

動物や怪物などの形をした雨どいです。

Cathedrale de Strasbourg-gargouilles

日時計

ストラスブール大聖堂には日時計がたくさんあります。さて、全部でいくつあるのでしょうか?

Cathedrale de Strasbourg-cadrans solaires

ヴォージュ山脈のバラ色砂岩

大聖堂を始め、ストラスブールの歴史ある教会や公共建築物には赤味がかった色の砂岩が使われています。ヴォージュ山脈のバラ色砂岩と呼ばれる石です。

大聖堂の向き

正面入り口は西、祭壇のある奥は東に位置しているため、午前中に写真を撮る時は正面が逆光になるので注意しましょう。

展望台

尖塔のない平らな部分は展望台になっていて、330段ある螺旋階段で登れます(有料)地上66メートルの高さからストラスブールを一望できます。

Cathedrale de Strasbourg depuis la plateforme

おすすめ外部サイト1

展望台見学コースがよくわかる動画

Cathédrale de Strasbourg - Ascension vers la plateforme et la maison des gardiens

広場

南側(正面向かって左方向)に広場があり、夏は地面から湧き出る噴水が涼しさをもたらしてくれます。また、スケール125分の1の大聖堂ミニチュアがあります。

Cathedrale de Strasbourg-maquette 3D-Palais-Rohan

内部を見学する

実際に見学する時は順路に従って見学します。

内部の写真公開は建物所有者の持つ各種権利保護などの理由により、当サイト独自の写真の掲載は控えさせていただきますが、内部の隅々まで見れる外部サイトを以下にご紹介します。

おすすめ外部サイト2

ストラスブール大聖堂の360度写真サイト

Visite virtuelle insolite de la Cathédrale de Strasbourg

このサイトは、最初は外から始まります。PCならマウスを上下に動かすか、複数ある矢印のどれかをクリックしてみてください。上からの写真を見たり、内部に進むことができます。

バーチャルのメリットが生かされていて、実際に訪れても入ることのできない内陣(奥の方に位置する主祭壇のある空間)や、入場が限定されている地下聖堂、更には地下の土台部分まで見れるようになっているんです。

しかもこのサイトの内部写真はクリスマスバージョン。クリスマス時期だけ展示されるタペストリーとキリスト降誕再現模型も撮影されています。

バラ窓ステンドグラス、パイプオルガン、説教壇などは比較的見つけやすいですが、360度写真はマウスの微妙な操作が難しいことがあります。

この外部サイトでの天文時計の見つけ方

人々を魅了してやまない天文時計は奥の方にあってわかりにくいので、360度写真サイトでは次のようにマウスを移動してみましょう。

360度写真サイトで大聖堂内部に入ったら、まっすぐ進みます。内陣(奥の祭壇のある場所)の階段が見えたら、右の柱の方に0988 Transept Sud - Pilier des Angesと表示される矢印があるので、これをクリックすると彫刻で飾られた天使の柱(別名:最後の審判の柱)や天文時計などを見ることができます。更にこの場所から礼拝堂を通り、宝物殿と呼べるギャラリーまで進めますよ!

4.大聖堂を訪れた歴史上の人物

ストラスブール大聖堂を訪れた歴史上の人物は数知れません。ただ、その中でも名前が広く知られていて、しかも訪れたことが詳しく伝えられている人物は限られてきます。

ルイ15世

大聖堂前で訪問セレモニーが行われた絵が残っています。1744年10月5日から10日までストラスブールに滞在したルイ15世。町をあげての歓迎では盛大なセレモニーが行われている絵や花火が打ち上げている様子を描いた絵もあります。

ゲーテ

ドイツの文豪ゲーテは、まだ法学を学ぶ学生だった20歳代初めの1770年から1771年までストラスブールに留学していました。大聖堂に大変興味を持ち、様々な記録を残しています。展望台はもちろんのこと、尖塔の上まで登っている様子を描いた絵(現在は個人所蔵となっている)が存在するほど、熱心に観察したようです。当時は見学者の名前を石に彫り付けることが許可されていたようで、ゲーテの名前が2か所に彫られています。

ヴィクトル・ユゴー

1839年にアルザスやスイスなどを旅したユゴーは、著書「ライン川」の中でその思い出を書いています。ストラスブール大聖堂を「巨大で繊細な驚異」と形容したことが知られていますが、これはユゴーが尖塔を称賛して描写している部分の一部で、「冠と十字架を持つ、まさに石で作られた教皇冠(きょうこうかん)」とも表現しています。

ユゴーは尖塔の途中まで見学が可能なことや見学方法を説明し、自分が登った体験を詳細に伝えています。

ヒトラー

1940年6月28日に大聖堂を訪れた時の写真が何枚かあり、内部で撮影された写真もあります。掲載使用の許可手続きが煩雑なため当サイトではご紹介できませんが、ストラスブール古文書センターArchives Strasbourgのサイトで検索すると見つかります。

ド・ゴール大統領

1959年に大統領に就任したド・ゴールは、1964年11月22日、ストラスブール開放20周年記念のため町を訪れ、まず大聖堂でミサに参列しました。

記録映像が見れる外部サイトina.fr

Discours prononcé à Strasbourg pour le vingtième anniversaire de la libération de la ville

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世

1988年10月8日から10日までアルザスを訪れたヨハネ・パウロ2世は、初日の8日に大聖堂でミサを行いました。大聖堂の中に記念プレートがあります。

記録映像が見れる外部サイト(YouTube)

Jean-Paul II à Strasbourg en 1988 - Archive INA

この動画の1分25秒から37秒まで大聖堂を訪れたヨハネ・パウロ2世の映像です。

皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)

昭和天皇は皇太子時代の1921年6月23日木曜日にストラスブールを訪問されました。まず市内のポリゴーン地区で陸軍の様々な演習や航空機によるアクロバット飛行などをご覧になったあと、大聖堂の天文時計をご見学。大聖堂は1920年代に土台部分の強化工事が行われていたため、見学された日も大聖堂内の一部が工事中だった可能性が高いです。

詳しくは動画「1921年皇太子裕仁親王のストラスブール訪問-第1部」でどうぞ。

5.アクセス

大聖堂まではストラスブール駅から約1.5㎞。

トラムA線、D線Langstross Grand'Rue下車

トラムB線、C線、F線Broglie下車


参考

Fondation de l'Œuvre Notre-Dame

Wikipédia - Le Rhin XXX, Victor Hugo

ニュースレター

About

ABOUT

お問い合わせ

CONTACT