アルザスワイン街道について

アルザスワイン街道について

アルザスワイン街道はどこにある?

アルザスワイン街道は、ヴォージュ山脈の麓の町と村を全長170キロ以上の街道です。北はマルルナイムMarlenheimから南はタンThannまでのメインルートとそれに隣接する複数の町と村、また、アルザス北部のヴィッサンブールWissembourg地域で構成されています。

このワイン街道ができたのは1953年のことです。街道に含まれる町と村は約100ワイン生産者の数は約1000にものぼります。

アルザスワインを堪能する、生産者と出会う

アルザスワイン街道では、ワイン生産者と会えるのも楽しみのひとつです。ワイナリーの営業時間に、あるいは予約して訪問できるようになっています。

また、ワイン街道の町や村では、毎年ワイン祭りブドウ収穫祭を開催しています。もっとワイン造りについて知りたい、という方には、独立ワイン生産者(ブドウ栽培・醸造・販売まですべてを自ら行っている生産者)が毎年5月に開催する(2020年は7月開催)ピクニックがありますよ。

アルザスワイン街道への行き方

電車で

車がなくても大丈夫!電車で行ける町もあります。

例えば、ストラスブールからは、モルスハイムMolsheim、ロスハイムRosheim、オベルネObernai、バールBarrまでは電車でのアクセスが便利です。

バスで

バスでも行ける場所としては、セレスタ出発になりますが、シャテノワChâtenois、リボーヴィレRibeauvilléがあります。SNCF(フランス国鉄)のバスです。

ブドウ畑散策コース

モルスハイムのブドウ畑散策コース

ブドウ畑が広がる斜面は、勾配のきつい場所もありますが、平坦な場所もかなり多いです。

ブドウ畑の散策コースが数多くあるので、様々な風景を楽しむことができます。

ただし、ブドウ畑には日陰がほとんどないので、散策するときは帽子を忘れずに!

ブドウ畑のサイクリングコース

アルザス・ヴェロルートという自転車専用道があります。全長約140キロ。

アルザス・ヴェロルート

博物館

雨の日や冬の寒い日などは、屋外での散策はちょっと・・・そんな時には博物館でワイン造りの伝統に触れてみるのもいいですね。

キーンツハイムにあるアルザスブドウ畑・ワイン博物館

ミッテルベルグハイムにあるワイン造り博物館

スルツ=ヴェンナイムにあるワイン生産者博物館

また、コルマールのウンターリンデン美術館の中に「アルザスの酒倉」の展示室があります。

お城が見えるブドウ畑

カッツェンタルのヴィネック城

アルザスは中世の城が多いことでも知られています。ヴォージュ山脈の上にお城がいくつも見えます。町の中心部から気軽に徒歩で行けるお城もあるんですよ。


参考:

RouteDesVins.alsace

VINS ALSACE

ROUTE DES VINS D’ALSACE, brochure imprimé, CIVA (Conseil Interprofessionnel des Vins d’Alsace)

ネットワークで共有:



ニュースレター

このフォームを送信するには JavaScript を有効にしてください。

About

ABOUT

お問い合わせ

CONTACT